目的別案内

HOME当院について新病院開院についてのお知らせ新病院開院に伴う病院事業管理者あいさつ

新病院開院に伴う病院事業管理者あいさつ

新病院開院のあいさつ

 令和3年5月2日に免震機能を備えた島田市立総合医療センターが開院致しました。
 新病院では、急性期389床、HCU6床、結核4床、回復期リハビリ40床、感染症6床の合計445床を整備しています。1、2階に各科外来、各種検査室が配置されています。4階に手術室、HCUと1病棟、5階から7階に各々3病棟があります。当院では志太榛原地域あるいは圏域を超えた患者さんの受け入れも行っています。年間4000台前後の救急搬送を受け入れるため、救急患者の動線には特に配慮致しました。屋上にはヘリポートが設置され、救急外来と直通エレベーターで結ばれています。救急外来と最新モデルに更新したCT、MRI(1.5T 1台、 3.0T 1台)や血管撮影室も近接した配置になっています。
 旧救急センターを改修し、10月には1階が透析センターとなり、透析ベッドも21床から30床に増床予定です。2階には感染症病棟を移転し、引き続き新型コロナウイルス感染症に対応致します。
 第7次医療計画における5疾病5事業の医療計画の中において、がん、脳卒中、心筋梗塞等の心血管疾患、糖尿病の4疾病に対しては手厚く対応できる体制をとっています。
 放射線治療機器は、最新機種であるVarian社製のHalcyonに更新しました。血液疾患を含めたがん診療において放射線治療も含めた集学的治療を目指します。手術支援ロボット(ダヴィンチ)の導入後、5年目に入り前立腺がんの手術など泌尿器科では多くの症例の手術を行い、安定した成績を残しています。また、外科では胃がんの低侵襲手術を施行しています。
 脳神経外科では、脳卒中の治療に関しては脳卒中学会により一次脳卒中センターの中のコアセンター(全国で231施設)として認定されており、血栓溶解療法に加えて血栓回収療法を常時施行可能です。
 循環器内科は、急性心筋梗塞や急性心不全の救急患者を常時受け入れています。新病院では心房細動に対するカテーテルアブレーションを開始致します。
 糖尿病・内分泌内科では、糖尿病の教育入院をはじめ、原発性アルドステロン症などの内分泌疾患に対しても診断から治療まで当院で完結できる体制をとっています。
 また、地域医療支援病院としての救急医療、災害拠点病院として災害時における医療に備えています。
 志太榛原地域の中核病院のひとつとして、地域の皆様により信頼される病院を目指していきますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

                                                               病院事業管理者 青山 武

 

文責:病院事業管理者

カテゴリー

島田市立総合医療センターShimada General Medical Center〒427-8502 静岡県 島田市野田1200-5

TEL0547-35-2111(代表)

FAX0547-36-9155

※詳しくは下記のリンクからご確認ください。

交通案内について

ページの先頭へ戻る