HOME臨床研修情報研修科の紹介総合内科の研修

総合内科の研修

研修概要

当科は基本的に外来専門で入院ベッドはありません。総合内科的外来診療と臨床研修中のサポート(年間を通してのカンファレンス、個人面談)を行っています。
発熱や症状の原因が不明で各専門科への振り分けが困難な方や、症状が多彩な場合は当科で初期診療を行います。
外来は経過観察のため、例外的に2~3回通院することもありますが、大半は初診でトリアージし、専門外来や診療所に紹介したり、一時的な投薬で対処します。

外来研修の意義

1年次医師は、午前の新患外来を指導医と担当します。病棟での研修と異なり、新患外来では患者さんの問題点を把握し、鑑別診断、確定診断のための検査手順を短い時間で考えなくてはなりません。また、入院の適応がないcommon disease(コモンディジーズ)は外来でしか経験できません。風邪だと診断することにもトレーニングが必要です。
 

定期カンファレンス

  1. 月 (16:00-16:30) 月曜レクチャー・・・・・各科の専門医による充実した講義
  2. 木 (16:30-17:00) 救急症例の検討 ・・・・・経験した症例を振り返り、ディスカッションします。プレゼンテーションのトレーニングも兼ねています。

エコー研修

1年次、内科系を6ヶ月間研修中に、腹部エコーと心エコーをそれぞれ毎週2時間ずつ研修します。

救急研修

4週間の救急科研修以外に2年間週1-2枠で日中の救急車対応を行います。通年で救急対応を行うことで、多くの救急症例を経験できます。また、副直として月4回当直業務を行い、2年次の9月より救急外来の当直医として独り立ちします。
 


文責:総合内科

カテゴリー

島田市立総合医療センターShimada General Medical Center〒427-8502 静岡県 島田市野田1200-5

TEL0547-35-2111(代表)

FAX0547-36-9155

※詳しくは下記のリンクからご確認ください。

交通案内について

ページの先頭へ戻る