アクセシビリティパーツ

目的別案内

HOME当院について運営方針院長あいさつ

院長あいさつ

 略歴

wada_intyou.jpg

1988年浜松医科大学医学部卒、1992年同大学大学院医学系研究科卒。滝川病院外科、Princess Alexandra Hospital、Liver transplant fellow、浜松医科大学医学部附属病院第1外科助手、助教、講師、准教授を経て、2017年4月から島田市民病院に副院長として赴任。2018年4月から院長に就任。専門科は一般消化器外科、内視鏡外科。

病院長 和田英俊

 令和2年度あいさつ

日頃より、皆様方には、ご支援をいただき誠にありがとうございます。
2018年4月に開始された新病院の建設工事も、計画通り順調に進んでおり、2020年2月末時点で全体の31.1%が完了しております。2021年5月の新病院の開院に向けて、現在、粛々と準備を進めており、新病院竣工後には完成披露式、及び内覧会を行う予定になっております。

厚労省からは、2040年問題(現役世代が急減し高齢者人口がピークとなるために生じる問題)に対応するために、地域医療構想の実現、医師・医療従事者の働き方改革、実効性のある医師偏在対策の3つの改革が示されており、新病院の完成後も、これらの課題に取り組む必要があります。

当院の責務である、市民の皆様の健康を守り、質の高い医療を提供することを継続しながら、病院の改革に着手してまいります。
まずは、よりよい病院を目指して、当院の経営改革検討委員会では、「病院をよくするためのプロジェクト」として、院内の有志で、若手医師の確保、各方面での講習会や勉強会の開催、職員の資格取得や更新の支援、病院内の接遇の向上のために、各プロジェクトチームが発足され、活動を開始いたしました。
市民の皆様から信頼され、満足して頂ける病院を目指してまいりますので、今後もご支援の程、よろしくお願いいたします。

 


外部インタビュー

メディカルノート:院長インタビュー(H30.12)【バナー】市立島田市民病院(332×80).png(外部リンク)

 


文責:院長

カテゴリー

市立島田市民病院静岡県 島田市野田1200-5

TEL0547-35-2111(代表)

FAX0547-36-9155

※詳しくは下記のリンクからご確認ください。

交通案内について

ページの先頭へ戻る